一見異なって見える科学サイエンスと美術アート。しかし、何か普遍に通じるものを追求するという点で両者は等しいのだ。彼らをファンダメンタルズと呼ぼう。

ファンダメンタルズ フェスmini

上野駅13番線ホームにて アーティストと科学者 交流の過程の展覧会

2022年3月19日 (土) から25日 (金) の7日間、科学技術広報研究会(JACST) 隣接領域と連携した広報業務部会は、東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構 (Kavli IPMU) が主催、大阪大学大学院理学研究科、理化学研究所 数理創造プログラム、JR東日本が協力する「ファンダメンタルズ フェスmini」を、JR上野駅13番線ホーム (東京都台東区) において共催します。

 

昨年7月以来交流を深めてきた、幅広いジャンルの科学者とアーティスト15組の交流の途中経過を、「問い」を切り口として広く皆様と共有する展覧会です。
終着点が見えていない、手探りで進行中の交流の只中が開示されます。私たちが考えたいことは何なのか、どのようにしたら考えられるのか、私たちもまた両者の手つきを身につける手がかりがみつかるかもしれません。


会場となるJR上野駅13番線ホームは、上野駅地平にある櫛形ホームの一番端の単独ホームであり、ヨーロッパのターミナル駅の趣があります。本企画では、駅という開かれた鉄道空間である13番線ホームにて、個々別々の生を生きる私たちが「普遍」によりつながる可能性を試みます。ぜひ多くの方に足をお運びいただけますと幸いです。


なお、本企画に来年度ご参加いただける科学者とアーティストを広く募っています。科学・美術・私たち(社会)が相互に伴走することを試みる稀有な機会となります、ぜひご活用を検討ください。

​展覧会概要

展覧会名 :ファンダメンタルズ フェスmini

会 期 :2022年3月19日 (土) - 3月25日 (金)

開室時間 :12:00-18:00(3/19(土), 22(火)は12:00開始、3/20(日), 24(木)は15:00終了) ※会期中無休

会 場 :JR上野駅13番線ホーム(東京都台東区上野7丁目)

料 金 :無料*

主 催 : 東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構

共 催 : 科学技術広報研究会 (JACST) 隣接領域と連携した広報業務部会 

助 成 : 日本学術振興会 (JSPS)

協 力 : 大阪大学大学院理学研究科、理化学研究所 数理創造プログラム、JR東日本

*改札外からご利用の場合は、JR東日本上野駅を区間に含んだ乗車券類または入場券(140円)のお買い求め、もしくはIC入場サービス「タッチでエキナカ」(140円)で、ご入場ください。

 

ニュース

 

科学サイエンス 参加者

ishikawa mutsuo - ファンダメンタルズー石河.tif

石河睦生
(医用工学)

%E7%9F%B3%E6%B4%A5%E6%99%BA%E5%A4%A7%20-%20Ishizu%20visual_edited.png

石津智大
(神経美学)

ichinose.TIF

一ノ瀬俊明
(都市環境学 )

冨田秀一郎 - cover.tif

冨田秀一郎
(発生生物学)

nakajima.tif

中島啓
(幾何学的表現論)

Takahiro%20Hatano%20-%20%E5%9B%B32_edited.png

波多野恭弘
(非平衡物理学)

Nobuaki Mizumoto - NobuakiMizumoto.png

湊丈俊
(表面界面科学)波多野恭弘
(非平衡物理学)

minato.jpg

湊丈俊
(表面界面科学)

Raebiger.jpg

Hannes Raebiger
(物性物理学)

美術アート 参加者

Usio%20%E3%81%86%E3%81%97%E3%81%8A%20-%20usio_edited.jpg

うしお

Azu Kimura - azukimura.jpg

木村亜津

黒沼真由美 - kuronuma.jpg

黒沼真由美

賢一 澤崎 - sawazaki.jpg

澤崎賢一

Saki%20Furuya%20-%20FADE72C3-578E-40CF-9592-21D84E454BF1_edited.jpg

古谷咲

koji maekawa - maekawa_SoF_monotone.jpg

前川紘士

山根一晃 - yamane.jpg

山根一晃

nerhol 飯田 - 9x_low.jpg

Nerhol

フェスmini
会期中イベント

出展中の科学者・アーティストによるオンライントーク: 3月19(土)-25(金)各19:00から。

こども向けオンラインプログラムは19日と21日に開催。

フェスmini
プレイベント

科学篇「探究と架橋:基礎科学の可能性」3月10日(木) 8:00-9:30

​2022年度 研究者・アーティスト公募

 

​ファンダメンタルズ プログラム

最先端科学を中心とした分野の研究者と現代の美術を中心とした作家のことを、共に何か普遍に通ずるものを追うものとして”ファンダメンタルズ”と名付けます。

ファンダメンタルズが交流ができる環境を整備し(1)、目先の意味を超えて何か普遍に通ずるものを追うということ自体に大きな意味があることを広くわたしたちと共有していきます(2)。

この2点により、科学・アート・社会を新たに結びつけ直し、各領域を活性化させること、それが新たな文化を形成することを目指すのがファンダメンタルズ プログラムです。当面3年間の活動を行います。

3years.png

運営

科学技術広報研究会(JACST)   隣接領域と連携した広報業務部会

科学技術広報研究会(JACST:Japan Association of Communication for Science and Technology )は、研究機関や大学などの広報担当者が、所属する組織の枠をこえて、広報活動における課題を共有し、それらを通してお互いに助け合い、共に成長していくことを目指したインデペンデントな互助組織です。2007年に設立され、現在136機関から203名の広報担当者が参加しています。
隣接領域と連携した広報業務部会は、JACSTにある部会の1つで、大阪大学大学院理学研究科、東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構(Kavli IPMU)、人間文化研究機構、人間文化研究機構 総合地球環境学研究所、理化学研究所 脳神経科学研究センター(CBS)等に所属する広報担当者から成ります。例えば芸術や哲学など科学と隣接していると思われる分野と連携した広報業務を実践的に研究しています。

 
logo_jacst_edited.png

科学技術広報研究会

%E9%98%AA%E5%A4%A7%E7%90%86%E5%AD%A6_edited.png
KavliIPMU-logo_posi-short_edited.png

東京大学 カブリ数物連携宇宙研究機構

理化学研究所 脳神経科学研究センター

%E5%9C%B0%E7%90%83%E7%A0%9401_edited.png

​人間文化研究機構 総合地球環境学研究所

ニュースレターの購読

ファンダメンタルズからイベントのご案内等、適宜ニュースをお知らせいたします。希望される方は下記に必要事項を記入の上ご登録ください。