Hed.png

ファンダメンタルズ プログラム

交流環境を整備する

より”適切”な科学像・美術像が結ばれることにより、科学と美術が広く”一般的”な存在になること、ひいては広く評価主義とは異なる評価体系が準備されること、アート&サイエンスの文脈において、”真理”探究としてのアート&サイエンスが立ち上がることを期待したい。

そのために3年間、実践的に次を試みる

  1. 科学者・アーティスト間の汎用的な交流とその開示モデルを構築すること、

  2. 科学者・アーティストの交流プラットフォームを形成し広く一般的に拡張していくこと、

  3. まだ見ぬ真理を追うことの重要性について、広く世論の合意形成に努めること。

Hed.png

概要

背景:アート・哲学・科学

  • 環境問題、LGBTQ/SOGI、BLMをはじめとした多様性の問題、文化人類学への参照など、昨今の現代美術の作品制作において、リサーチの占める比重が多くなってきている。

  • その裏表の関係として、原理・普遍・真理といった概念の諦めがある。普遍・真理のような概念の、現代に適した形での再建はまた喫緊の課題であり、現代哲学においては、存在論の見直しに進展がみられる。

  • 科学においてすら、成果に結びつく研究が推奨され、基礎科学のような成果に結びつきにくい研究は、他の分野と比較すると追究することが難しくなってきている。

現状:“アート&サイエンス”と蛸壺

  • 日本における科学とアートの交流の主流は、直接的な科学のアウトリーチの手段としてアートを科学に適用するものや、成果に結びつきやすい技術とデザインの交流にある。

  • 基礎科学、及び現代美術は、様々なアウトリーチを行っている。しかし、その特性ゆえ、広く一般にアピールすることは困難を極める。

課題:機会がない

リサーチを契機として科学と美術、そして社会が交流をしようとした場合、

  • 科学者と美術家がなんの先入見も持たずに交流できる機会がない 

  • 専門家同士の交流の機会が、社会と共有される機会がない

解決方法:科学と美術と社会の交流環境を整備

科学と美術は、方法、出力、マナー、全てが大きく異なるが、基本、根本、基礎を追うという点においては等しい。幾層もの異なりを飛び越えて、もし両者がその点において正しくまみえることができたならば、それは”真理”や"普遍"に触れることである。彼らがまみえるその場が広く一般に拓かれることは、科学と美術が社会と、そして社会が普遍や真理と、新たにつながり直す試みとなる。

  1. 研究者・作家の汎用的な交流・開示モデルを構築する

  2. 研究者・作家のプラットフォームを形成し広く一般的に拡張する

  3. まだ見ぬ真理を追うことの重要性について、広く世論の合意形成に努める

実施プログラム

Hed.png

ファンダメンタルズ ​トーク

2020/8 – 2021/6

ファンダメンタルズ ​バザール

2021/6/5-6

  • (一般公募) 作家と科学者を一般公募。

  • (公開イベント) 作家と科学者の交流をコーディネート。また、交流の一部を一般公開するイベントを実施。 

  • (実施結果) 16組のペアが成立。

  • 来年度も2月に公募、6月に実施予定。

ファンダメンタルズ ​パーク

2021/9/23

  • (交流サポート) ペアが成立した16組の作家と科学者が交流を開始。進捗共有と情報交換を行う会を定期開催していく。初回を9月に予定。

ファンダメンタルズ ​フェス

2022/2 (予定)

  • (公開イベント) 主に作家と科学者の交流の成果制作物展示等を介した社会との交流

  • 最初の2年度は中間報告、初回を来年2月に予定

fzConcept03.png