top of page
  • ファンダメンタルズ プログラム運営

ファンダメンタルズ プログラム第1期報告会 開催のご案内と2024年度のプログラム提供について

更新日:4 日前



おかげさまで、科学者とアーティストのための交流プラットフォーム「ファンダメンタルズ プログラム」当初活動予定の3年間がこの3月で終わりました。今年度は、第1期のプラットフォームを維持しつつ第2期を準備する期間となります。それに伴い、まずは今何が生まれているのか、今後何をどのように育てていくのが妥当なのかを、これまでこのプログラムに関わっていただいた方にお集まりいただいてこれまでを振り返る機会を設ける必要を感じ、機会を設定しました。

皆様にご参加いただき、視点を共有いただくことで、このプログラムの整備をより妥当なものにしていくことができればと思っています。ぜひご参加検討ください。


どのようなプログラムにも言えることかと思いますが、最初に構想がありその実験としてのプログラム実施があります。第2期の設計にあたり、「ファンダメンタルズ プログラム」という実験において何が生まれているのか、今後何を、どのように育てるのが妥当なのか。当事者として本プログラムに関わった科学者とアーティスト、そして交流する科学者とアーティストの傍で携わっていただいた多様な立場の方々にその経験と視点を共有いただきます。科学分野の皆様、美術分野の皆様、その周縁に位置する様々な領域の皆様、そして鑑賞専門の皆様もぜひご来場の上、第2期に向けての皆様ならではの視点と知見を共有いただけますと、一同大変嬉しく思います。


関連しまして、毎年この時期に実施しています参加科学者とアーティストの公募は、2024年度につきましてはお休みをいただきます。この報告会での結果を踏まえて第2期のファンダメンタルズ プログラムを構想するために、2024年度は調査・検討の期間にあて、2025年度のこの時期にまた公募のお知らせができる予定です。


プログラムの基本構想

本ウェブサイトのaboutを参照


ファンダメンタルズ プログラム第1期報告会 開催概要

日時:5月9日(木)13:00-19:30(時間が前後する可能性があります)

対象:科学者とアーティストが基底で交流をすることになんらか関心のある方(一般公開)

主催:ファンダメンタルズ プログラム

共催:NPO法人ミラツク、科学技術広報研究会(JACST)隣接領域と連携した広報業務部会

会場提供:artience株式会社


参加(オンサイト/オンライン)登録

来場には事前の登録が必要です。どうぞお気軽に。




締切:5月7日(火)17:00


暫定プログラム

13:10-13:50 3年間の報告

  • 坪井あや(ファンダメンタルズ プログラム)

14:00-14:50 [セッション1] プログラム参加アーティスト

  • 安里槙(インスタレーション)

  • 新井碧(絵画)

  • 大槻唯我(写真)

  • 澤崎賢一(映像、プロジェクトベースド・アート)

  • 代表質問:渡邉朋也(メディアアート, 山口情報芸術センター)**

15:00-15:50 [セッション2] プログラム参加科学者

  • 石河睦生(医用工学, 桐蔭横浜大学)

  • 一ノ瀬俊明(都市環境学, 国立環境研究所)

  • 大黒達也(神経科学、計算論的音楽学, 東京大学)

  • 冨田秀一郎(発生生物学, 農業・食品産業技術総合研究機構)

  • 代表質問:中村征樹(科学技術社会論, 大阪大学)**

16:00-16:30 交流セッション*

16:30-17:20 [セッション3] プログラム周縁参加

  • 増山浩人(18世紀ドイツ哲学史, 東京都立大学

  • 渡辺諒(毎日新聞)

  • TBA(小笠原敏晶記念財団)

  • モデレータ:西村勇哉(ミラツク)

17:30-18:20 来場者全体ワークショップ(オンサイト、オンライン、それぞれで開催)

18:30-19:30 ネットワーキング/懇親会* *一部参加アーティスト、科学者による簡易展示/ポスター発表の予定

**オンライン参加予定


お問い合わせ

ファンダメンタルズ プログラム 代表 坪井あや

E-mail:contact_at_fundamentalz.jp

*_at_を@に変更してください

閲覧数:429回

関連記事

すべて表示

Comments


bottom of page